何度もセックスして早漏を治す前にダポキセチンの服用

早漏は本人のみならず性行為におけるパートナーの懊悩ともなり、性生活の不満足にも繋がる男性特有の症状になります。肉体的な要因よりも精神的な要因が大きいとされ、本人の努力のみで完治することは難しいともされています。セックス前、セックス中に射精を抑制することができない症状を早漏と呼び、およそ一分程度で自身のコントロール外で射精してしまう症状も早漏とされます。そのためパートナーとの関係の悪化にも繋がることがあるため、治療するにこしたことはない症状であると考えられます。早漏を治すには様々な方法があり、専門機関による治療も方法の一つとなりますが、早漏を遅らせる効果を持つ医薬品を服用することも、早漏治療の方法の一つになっています。その際、ダポキセチンは早漏の治癒に効果的な成分であり、ダポキセチンの含有された医薬品を服用することで、一時的ではありますが早漏を改善することが可能になります。ダポキセチンは元々は抗うつ剤に含有された成分ですが、近年の研究によって射精を遅らせる効果があることが判明し、早漏を治療するための成分として用いられることが多くなりました。ダポキセチンが含有されている医薬品としてはプリリジー、そのジェネリック医薬品であるポゼットがあり、その有用性と安全性から世界中で広く用いられている医薬品になります。ダポキセチンは副作用が少ないとされ、その副作用の少なさが世界中で用いられている理由の一つではありますが、まれに下痢、吐き気、めまいなどの症状が出る場合があり、そうした症状が出た際には使用を中断しなければいけない可能性があります。またストレスによる早漏などの場合は一過性である可能性があるため、ポゼットなどを用いずとも、何度もセックスするうちに完治する場合があります。