早発射精を抑制のダポキセチンと使用者のレビュー

早発射精の抑制に効果的として、現在もっとも注目されているのは、ダポキセチンという成分でしょう。ダポキセチンは、うつ病のために開発された薬であり、緊張をほぐしリラックス状態へと導く効果を持っています。
早発射精が起きる原因はいくつか存在していますが、とくに多いとされているのが、心因性の要因です。興奮を感じすぎてしまったり、緊張状態であったりということが、射精のコントロールを不可能としてしまうのです。
ダポキセチンを服用すると、脳内にセロトニンという物質が分泌されるようになり、これはリラックスをもたらす作用があります。過剰な興奮を抑えることで、精神的な余裕が生まれて、早発射精を予防することが可能となるのです。

ダポキセチンの効果は、臨床試験により医学的に証明されており、海外各国ですでに認可を受けています。日本でも、ドラッグストアにこそ並んでいませんが、医師の処方を受けたり、個人輸入によって手に入れられるようになりました。その画期的な作用と効果から、すでに多くの方が愛用し始めています。

実際にダポキセチン配合の薬を利用している人のレビューを見ると、持続力アップに確かな実感を得ている方が多いようです。ただ、人によっては「合わない」と感じることもあるため、最初は少なめの量から始めたほうがよい、と言われていました。ダポキセチン配合の薬にもいくつか種類があり、それぞれ評価などが異なっているようです。ただ、全体的にはどの製品であっても、効果を得られる方がとても多いようでした。
また、飲酒をしたら十分な効果が得られなかったという感想などもあり、やはり服用に際してはしっかりと用法を守っていくことが大切なようです。