アーカイブ | 12月 2016

  • ダポキセチンやバンテリンの副作用を知ろう

    性行為での不満にもいろいろな種類がありますが、特に早漏は女性の側にも不満を残しやすくなってしまいます。 早漏を改善するトレーニングや器具などもありますが、特に薬は良い改善が期待できますので、射精のコントロールでお悩みの方は利用してみてはいかがでそうか。 薬にも様々な種類がありますが、バンテリンも役立つとされています。 バンテリンは薬局なども購入できる薬で、本来は早漏の治療ではなく鎮痛剤や消炎剤として筋肉に効果がある薬です。 早漏での治療に使われる薬ではありませんので、あくまで自己責任となりますが、亀頭部分に塗布しておくことで感度を鈍らせて射精の時間を延ばすことができるとされています。 とはいえ、そのままでは女性にも悪い影響が出る可能性もありますので、塗布後は避妊具を利用するなどの工夫も必要です。 バンテリンの副作用としては発疹、赤み、腫れ、刺激、色素沈着などがありますので、副作用についても理解しておきましょう。 このほかでは筋肉が痩せる、喘息がある人はそれを悪化させてしまうこともあります。 バンテリンは本来は早漏の薬ではありませんが、早漏治療薬のプリリジーもありますので、早漏を改善したい場合は試してみてはいかがでしょうか。 こちらは塗るタイプではなく、直接飲んで早漏を改善するものとなっています。 ダポキセチンは脳内の異常な興奮を抑えることができますので、より落ち着いて性行為を行えるようになり、射精のコントロールがしやすくなります。 副作用は少ないとされていますが、吐き気、頭痛、めまい、下痢などが起きることもあります。 このほかでは疲労感、睡眠障害、眠気、起立性低血圧などが出ることもありますので、副作用についても理解しておきましょう。