アーカイブ | 4月 2017

  • ダポキセチンの効果とDVDによる平均射精時間

    平均射精時間は3分とされていますが、状況によって変化するので、体調によっては平均以上に時間が長くなる場合もあります。早漏の場合は数秒から1分以内に射精してしまうので、お互いに快感を得る前にセックスが終わることがあります。セックスが不完全なために性欲が満たされないと精神的にも不安定になり、女性の場合はホルモンバランスが崩れることもあります。ダポキセチンは早漏の症状を治すための薬ですが、SSRIの薬の成分と同じなので、射精が遅くなる傾向が強くなり、不安や緊張も緩和されます。通常の場合はSSRIは、3週間以上服用を続けないと効果がありませんが、ダポキセチンはセックスの1時間前に服用するだけで効果があるので、副作用が起きにくくなるというメリットがあります。射精時間は男性の体調が悪い時は長くなる傾向にあります。挿入している時間が長いと、勃起を維持できないことがあるので、勃起改善薬を服用することでセックスに対する不安を解消することもできます。またパートナーとDVDなどを鑑賞して、リラックスした状態で性行為をすることで、早漏を予防することもできます。とくに思春期の男性の早漏は、緊張や不安が原因なので、経験を積むことで治ってしまうことがあります。成人男性の場合は、経験不足と職場や家庭でのストレスが関係していて、セックスをしている最中に脳が興奮状態になることで、心臓や脳に血液が送られてしまって、ペニスの血液が減ることで勃起が維持できなくなります。勃起を維持するためにはリラックスした状態でセックスをすることが大切ですが、それでも解決できない場合には、ED治療薬を服用して、精神状態とは関係なく勃起できるようにする必要があります。